新着情報 > 2014.10.09 デング熱(登革熱)に注意して下さい!!

福州市日本企業会

法人会員 個人会員 各位


在広州総領事館メルマガを受信いたしましたので

情報共有させていただきます。

広州市訪問の際には十分にご注意下さい。


主题:デング熱(登革熱)に注意して下さい!!

2014年10月8日


在広州日本国総領事館


10月6日,外務省は中国・広東省:デング熱の流行に関する注意喚起のスポット情報を発表しました。

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2014C352


10月7日の広東省衛生生育計画委員会の発表によりますと,広東省の全患者数は23,146人(死亡6人)で全市に広がっています。

100人以上の患者は広州市19,631人(死亡5人),仏山市2083人(死亡1人),中山市335人,江門市297人,珠海市178人,東莞市121人,深セン市101人となっています。

なお,広州市の内訳は,白雲区5582人(6日1日の新患者数597人),

海珠区3737人(同216人),越秀区3188人(188人),茘湾区2119人(177人),番禺区2028人(109人),天河区1084人(117人),黄埔区550人(24人),南沙区286人(9人),増城区129人(9人),夢崗区113人(6人),以下花都区,従化市にも患者が発生してます。

22日,広東省緊急対策管理室及び疾病予防コントロールセンターは一斉mailにて人々にデング熱対策を呼びかけています。内容は以下の通りです。

1  デング熱が流行しています。

2  ネッタイシマカ等のヤブカが媒介しますので,最良の予防は蚊の駆除です。

    水をきれいにし溜まり水をなくし,蚊を生育させないようにしましょう。

3  発熱や皮疹や関節痛が現れたらすぐ医療機関を受診しましょう。


デング熱(登革熱)Q&Aより

http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/seqinfo/doc/20130823.htm

デング熱を予防するには,蚊を減らすか、蚊に刺されないようにするかの2つの方法しかありません。

(1)水の入る容器(不要な花瓶や缶)を放置しないようにしましょう。

(2)水生の植物を育てる場合3−5日ごとに水を替え、根を洗いましょう。

   流行しているときは不要な水生植物を育てないようにしましょう。

   水が貯まらない泥や石、砂を使いましょう。

(3)ベランダや竹の切り株、木の空洞などを清掃して水を貯めないようにしましょう。

(4)家では蚊帳・網戸を使用し、蚊取り線香・電気蚊取り・蚊取りラケット・防蚊燈を使い、

   戸外では殺虫剤を使用しましょう。

(5)服の上から昆虫忌避剤(虫よけ)を使用しましょう。長袖、長ズボン、

   薄い色の服を着ましょう。

    戸外活動中は臭いの強い化粧品や香水を使わないようにしましょう。