新着情報 > 2014.09.28 10月セミナー開催します

ジェトロ「中国労働法実務の最新動向のご紹介、及び事案から学ぶ労務管理におけるリスクの回避策」セミナーのご案内


拝啓

貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より福州市日本企業会への多大なご支援を賜りまして誠にありがとうございます。

中国国内で事業を展開する日本企業各社におきまして、社内の労務対策は最重要課題の一つであります。

そこで今回、10/23(木)にジェトロ様との共催で、法律セミナーを開催させていただくことになりました。

本セミナーでは「中国労働法実務の最新動向のご紹介、及び事案から学ぶ労務管理におけるリスクの回避策」をテーマにお話していただきます。皆様が直面している、あるいは今後直面しうる労務問題解決のヒントとなることと思います。またセミナー終了後には、講師による個別相談会の時間も設けております。ぜひこの機会をご活用ください。奮っての参加お申し込みをお待ち申し上げております。

敬具


■日時

2014年10月23日(木) 15:00-17:00

※個別相談会 17:00-19:00 (個別相談の受付は先着順)

■会場

福建阳光假日大酒店 8F会議室(エレベータ降りて正面です。)

http://www.fzsunshine-hotel.com/

■共催

日本貿易振興機構(ジェトロ)広州事務所、福州市日本企業会

■費用

無料

■講師

日本貿易振興機構(ジェトロ)中小企業海外展開現地支援プラットフォーム・コーディネーター(北京盈科法律事務所厦門支所 弁護士) 王倩 氏

■テーマ

 ・労働派遣に関する最新動向

 ・事案から学ぶ労務管理におけるリスクの回避策

■言語

講演:日本語

資料:日本語と中国語

■お申し込み

●期限 2014年10月16日(木)

●窓口 小坂幹事(m-kosaka@marugo-rubber.co.jpまでメールにてお申し込みください。

●内容 ①参加者全員の氏名(フルネーム)をご記載ください。

   ②個別相談会での相談をご希望の際は、その内容を予めご連絡願います。

■ご持参いただくもの

参加者全員の名刺を必ずご用意ください。



『中国労働法実務の最新動向のご紹介、及び事案から学ぶ労務管理におけるリスクの回避策』


一、中国労働法実務の最新動向のご紹介


1、労働派遣に関する最新動向のご紹介


今年の3月1日から、人社部より労働派遣に関する「労務派遣暫行規定」が実施されましたので、その主な内容と企業にとっての留意点をご紹介します。


①どういう職場が労務派遣を利用できるか

②人数の制限

③賃金の設定


会社が派遣社員を雇用する際の留意点


2、労災認定に関する新しい司法解釈



二、事案から学ぶ労務管理におけるリスクの回避策


1、労働契約の条項について


2、内部規則の内容(賞罰事項、残業管理制度など)によって、労働仲裁と訴訟の結果に影響が生じる


3、必ず入社時に入社手続きを行う事(身分証明書など各種証明書類のコピーを提出してもらう際の留意点、労働契約締結する際の注意点)


4、従業員が退職する際の留意点(労働組合に通知する必要があるか、退職する際の書面作成の注意点、経済補償金、代通知金)


5、社会保険に関わるトラブル増加の為、再度の見直しに関するポイント


6、紛争に備えて、普段の労務管理を通じて、有効な証拠の取得(労働法上の立証責任はほぼ会社側の負担となるので、普段から意識的に証拠を揃えておかないと、仲裁や裁判で負けてしまう)


①従業員とのやり取りの経過を書面化するように努める

②トラブルがあったら、まず、直ちに事実の確認をとる(書面化を忘れないこと)

以上