新着情報 > 2014.06.23 「加工貿易新規定の影響と対策」セミナーのご案内

                                     「加工貿易新規定の影響と対策」セミナーのご案内


07/17(木)に広東真広企業管理顧問有限公司(TJCC)様による通関セミナーを開催させていただくことになりました。

2014年の3月12日から25日にかけて、税関より相次いで数多くの法令が公布され、即日施行されました。

(※税関第216~221号令と21号公告、33号公告)

その内容は近年稀に見るほど範囲が広く、加工貿易を行なう企業への影響は決して小さくありません。


税関対応での潜在的リスクとしまして、例えば、書類や手続きなどでの不備による認定ランク下げ(A類→B類など)の結果から輸出入の手続きが煩雑になる、あるいは輸出企業において移転価格の疑いをかけられ、必要書類の準備を余儀なくされる、処罰される等のリスクのほか、6月18日日本大使館からも税関手続きに関する“注意喚起(下記参照)”が発信されております。

本セミナーでは、「加工貿易新規定の影響と対策」をテーマにお話していただきます。また、当日セミナー後、TJCC様に個別相談できる時間も設けております。皆様が直面している、あるいは今後直面しうる通関問題解決のヒントとなることと思いますので、是非この機会をご活用ください。奮っての参加お申し込みをお待ち申し上げております。

敬具


■日時 : 2014年07月17日(木) 15:00-17:30

■会場 : 福建阳光假日大酒店 8F会議室(エレベータ降りて正面です。)

           http://www.fzsunshine-hotel.com/

■費用 : 無料

■講師 : 広東真広企業管理顧問有限公司(TJCC)   劉 航 様(日本語OK)

■テーマ : 

         ●2014年になって公布された加工貿易の最新政策のまとめ及び影響

         ●加工貿易貨物に対する管理監督の変更ポイント及び対応方法

         ●加工貿易で散見される密輸・規定違反行為へのリスク管理

■言語 : 日本語での講演(資料は日本語と中国語)

■お申し込み : 

         ●期限 2014年07月10日(木)

         ●窓口 小坂幹事(m-kosaka@marugo-rubber.co.jp)までメールにてお申し込みください。

         ●内容 ①参加者全員の氏名(フルネーム)をご記載ください。

                 ②講師に質問したいことがございましたら、予めご記載ください。


■ご持参いただくもの

  参加者全員の名刺を必ずご用意ください。

■ご参考 : 2014.6.18日本大使館からの関連情報 (2014.6.19福州市日本企業会より会員へ発信済み)


=============================================

日本大使館からのお知らせ

2014.6.18


 本日の日本商会理事会におきまして、日本大使館経済部より以下の注意喚起がありましたので、お知らせいたします。


○ 税関手続きに関して、日系企業の職員が税関から刑事拘留される、起訴される、刑事罰を受ける等といったケースについて、最近、中国国内の大使館及び領事館で相談を受けております。


○ 輸入手続きの際のHSコードが違っている、一部経費が課税標準に含まれていないといったことについて税関に指摘され、当初は税関の通関部門や調査部門に対して反論等をしているうちに、税関の調査が密輸取締局(正式には「缉私局」)に移管され、この密輸取締局とのやりとりのなかで邦人を含む日系企業の職員が税関に刑事拘留等されるといったケースがあります。


○ 密輸取締局は税関と公安の両方に所属する部局であり、逮捕権を持っています。密輸取締局とやりとりは、刑事拘留等のリスクがあることを念頭において、くれぐれも慎重に対応いただきますようお願いいたします。


○ また、輸出入手続きを通関業者、分公司、現地スタッフ等に任せている企業も多いと思いますが、事態の収拾が難しい状況になって初めて邦人幹部に報告があがるというケースも聞いております。


○ 通関業者、分公司、現地スタッフ等が税関とトラブルになった場合には、すぐにしかるべき幹部まで報告があがるような体制を、普段から社内で築いておくことが重要です。


○ 税関とのトラブルについては、当館としてもできる限りの支援をしたいと考えておりますので、ご遠慮なく大使館又は管轄の総領事館にご相談いただきますようお願いいたします。


(以上)